漱石 朝日

東京帝大講師で教授が目前だった夏目漱石が、東京朝日新聞社に転職したのは40歳のときだった。
「創作に専念したい」という強い思いからだ。

だが、権威ある地位、安定した職場を放り投げ、当時はベンチャー企業といってもいい新聞社に、中年すぎからの転職である。
覚悟がいる。条件を詰めねばならない。漱石は弟子を介し、こまかい取り決めを問い合わせた。

http://info.asahi.com/guide/soseki/joined.html

http://www.asahi.com/special/soseki/

http://www.asahi.com/special/soseki/yumejuya/?iref=com_rnavi

Leave a Reply