Skip to main content

やさしさに包まれたなら

 

『やさしさに包まれたなら』はリリース当時もヒットしましたが、現在も広く知られるナンバーの一つ

それというのもこの楽曲がジブリ作品に用いられたからというのがあり、アニメ映画『魔女の宅急便』のエンディングテーマとして起用されたからです。

同作品では荒井由実の『ルージュの伝言』も使われており、この2曲は映画と共に再びヒットしました。

『魔女の宅急便』制作当時、松任谷由実のコンサートに感銘を受けたプロデューサーの鈴木敏夫が依頼したのが発端で当初は新曲を求めていたのだとか。

しかし当の松任谷由実は台本を読んでも曲のイメージが沸かず、予定の期日を過ぎても制作ができない状態に陥ります。

そこでプロデューサーの鈴木敏夫はこれまでの松任谷由実のナンバーから、『魔女の宅急便』のイメージに合いそうなものを選んだ結果『ルージュの伝言』と『やさしさに包まれたなら』に決定したそうです。

『魔女の宅急便』のラストでふわりと流れる『やさしさに包まれたなら』のイントロは、作風ともしっかりマッチして和みますね。

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

%d bloggers like this: