sizishuyu

有名な四字熟語

 

悪戦苦闘あくせんくとう つよてきとのたたかいでくるしんでたたかうように、困難こんなん状況じょうきょうくるしいながらに努力どりょくすること
暗中模索あんちゅうもさく 暗闇くらやみものさがすかのような、さきの分からない状態じょうたいなかでも試行錯誤しこうさくごすること
意気投合いきとうごう 複数ふくすうの人の気持きもちや意見いけん一致いっちして、気持きもちが一つになること
異口同音いくどうおん 大勢おおぜいの人がそれぞれ同じ意見いけんを言うことあるいは、大勢おおぜいの人が言い方はちがえど同じ意味いみことを言うこと
以心伝心いしんでんしん たがいに言葉ことばに出して言わなくても気持きもちがつうじること
一意専心いちいせんしん 一つのことにふかみ、専門性せんもんせいたかめたり、専念せんねんすること
一期一会いちごいちえ だれにたいする出会であいであっても、人生じんせいにおいてなんらかの意味いみつという意味いみ
一日千秋いちじつせんしゅう のぞむことによって,まるで一日が千年せんねんの長さにもかんじられるほどの気持きも
一念発起いちねんほっき 気持きもちをふるこして決意けついすること
一部始終いちぶしじゅう 最初さいしょから最後さいごまでの全部ぜんぶのこと
一網打尽いちもうだじん 一度いちど投網とあみですべてのさかなくしてしまうように、わるいことをした人などを一度いちどにつかまえること
一喜一憂いっきいちゆう 目のまえこる様々さまざま出来事できごとにとらわれ、いちいちよろこんだりかなしんだりすること
一騎当千いっきとうせん たった一人でも、千人せんにんはたらきにあたいするほどのつよさや能力のうりょくをもつこと
一挙一動いっきょいちどう 手をげるといったような、小さなうごきのこと
一挙両得いっきょりょうとく 一つのことで二つ以上いじょうとくのあること
一刻千金いっこくせんきん ごくわずかな時間じかんでも価値かちたかく、おおくのお金と同じように貴重きちょうなこと
一触即発いっしょくそくはつ わずかな出来事できごとをきっかけに、事態じたい急激きゅうげき悪化あっかしてしまいそうな緊迫きんぱくした状態じょうたい
一心同体いっしんどうたい 心を一つにして、ともに同じようにうごあいだがら や、ともに同じような影響えいきょうけるあいだがら
一心不乱いっしんふらん 心をみださず、集中しゅうちゅうして物事ものごとむこと
一世一代いっせいちだい 一生いっしょう一度いちどあるかないかの大きな出来事できごとやチャンスのこと
一石二鳥いっせきにちょう たった一回の行動こうどうや、あるいはわずかな行動こうどう努力どりょくによって、二つ以上いじょう効果こうかられること
一朝一夕いっちょういっせき 一日や半日はんにちあさから夕程度ゆうていどの、みじか期間きかんのこと
一長一短いっちょういったん 物事ものごとにはめんと、わるめん両方りょうほうをあわせもつということ
一刀両断いっとうりょうだん 敵対てきたいする意見いけん攻撃こうげきを、一度いちどおもった行動こうどう言動げんどうによって大きく好転こうてんさせること
意味深長いみしんちょう ふか意味いみめられたかた
因果応報いんがおうほう はっした言動げんどう行動こうどうによってしょうじた結果けっかは、しにかかわらず最終的さいしゅうてき本人ほんにんかえってくるということ
右往左往うおうさおう 右に行ったり左に行ったりしてうろうろとする、または、かんがえや言動げんどうがまとまらないこと
傍目八目おかめはちもく 主観的しゅかんてきかんじる状況じょうきょうでは,利害等りがいとう影響えいきょうによってただしく状況じょうきょうをつかむことができなくても、第三者だいさんしゃ利害等りがいとう影響えいきょうけないことから状況じょうきょうを正しく判断はんだんしやすいこと
温故知新おんこちしん 古い物事ものごとかんがかたであっても現代げんだい利用方法りようほうほう工夫くふうすることで、ぎゃくあたらしさに気付きづいたりかんじたりすること
悪口雑言あっこうぞうごん 悪口わるぐちをさまざまにうこと、またその言葉ことば
意気消沈いきしょうちん 気分きぶんんだり、意欲いよくくすこと
意気揚揚いきようよう 気持きもちが明るく高ぶる、エネルギッシュな気持きも
一衣帯水いちいたいすい 一本のおびのように細く長く水をたたえている様子ようす、そのような水をはさんでちかくにいること
一言居士いちげんこじ まるで学徳がくとくのある人が、発言はつげんするかのように、自分の意見いけんおさえることができずに、つい一言をはっしてしまう人
一言半句いちごんはんく 一言も、あるいは一言にもたないようなわずかな言葉ことば
一字千金いちじせんきん たった一文字ひともじであっても千金せんきんあたいするような、価値かちの高いふみしょ
一望千里いちぼうせんり 状況じょうきょうを一目で見渡みわたしたり、状況じょうきょうの先を見通みとお能力のうりょく
一目瞭然いちもくりょうぜん 一目見るだけで、だれの目にも状況じょうきょう判然はんぜんとしていること
一問一答いちもんいっとう 一つのいに、一つこたえること
一利一害いちりいちがい 一つの事象じしょう利害りがい同時どうじ存在そんざいすること
一攫千金いっかくせんきん わずかなはたらきや努力どりょくによって大金たいきんをつかんだり、たくさん利益りえきること
一切合切いっさいがっさい あらゆるすべてのこと
一所懸命いっしょけんめい 一つのことに力をそそ努力どりょく行動こうどうすること
一知半解いっちはんかい 一部いちぶだけをっていて十分解じゅうぶんわかっていないような、中途半端ちゅうとはんぱ理解りかい
一得一失いっとくいっしつ 一つのことても、一つのことうしなってしまうような状態じょうたいのこと
威風堂々いふうどうどう 威厳いげん風格ふうかくががあり正々堂々せいせいどうどうとしている様子ようす
有象無象うぞうむぞう とるにらない人々ひとびと雑多ざったなつまらない連中れんちゅう
海千山千うみせんやません 海に千年、山に千年んだへびは、りゅうになるという伝説でんせつたとえ、様々さまざま経験けいけんを長くむことで、の中のうらおもてくし悪賢わるがしこくなった人
紆余曲折うよきょくせつ 物事ものごと一直線いっちょくせんすすまず、様々さまざま経過けいかをたどること
雲散霧消うんさんむしょう 雲やきりえたように、心配事しんぱいごとがなくなること
栄枯盛衰えいこせいすい 非常ひじょうさかえたものであっても、いずれおとろえること
花鳥風月かちょうふうげつ 花やとりを見てたのしみ、かぜや月のつくるように、自然しぜん景色けしき題材だいざいとして絵や創作そうさくしてたのしむこと
我田引水がでんいんすい 自分じぶんのしたいようにわがままをとお様子ようす
画竜点睛がりょうてんせい 絵のりゅうひとみきいれたら天にのぼったという伝説でんせつたとえ、最後さいごにほんの少し大切たいせつ仕上しあげをすることで、見違みちがえるように立派りっぱ仕上しあがること
完全無欠かんぜんむけつ まったく不備ふびがなく、完全かんぜん状態じょうたい
危機一髪ききいっぱつ 危険きけんせまっている状態じょうたい回避かいひしたさいに、ほんのわずかなちがいで危険きけんをまぬがれることができた状態じょうたい
起死回生きしかいせい にそうなほどの不利ふり状態じょうたいから、生きかえったとおもえるほど、よい方向ほうこうに立てなおすことができた状態じょうたい
起承転結きしょうてんけつ 文や物事ものごとながれにとって、事のきっかけから、展開てんかいして、結果けっか結論けつろんにたどり着くまでの過程かていのこと
疑心暗鬼ぎしんあんき 心の中にうたが気持きもちがあると、何でもないことでもしんじられなくなること
奇想天外きそうてんがい 実際じっさいの世の中には存在そんざいしないような、普通ふつうではおもいつかないほどの奇抜きばつかんがえやおもうこと
喜怒哀楽きどあいらく よろこびやいかり、かなしみやたのしみというような、様々さまざま人間にんげんのもつ感情かんじょう
牛飲馬食ぎゅういんばしょく まるで牛やうまのように、たくさんんだりべたりすること
急転直下きゅうてんちょっか 事態じたい変化へんか平坦へいたん状態じょうたいから、急激きゅうげき変化へんかすること
玉石混淆ぎょくせきこんこう すぐれたものが、すぐれてないものあるいは、ありふれた普通ふつうのものの中にざっていること
空前絶後くうぜんぜつご 過去かこれいがなく、これからも絶対ぜったいこりえないであろう事象じしょう
巧言令色こうげんれいしょく 相手あいてに気に入られようと、口先くちさきだけでうまいことをい、うわべだけい顔をすること
公平無私こうへいむし 私情しじょうを入れることなく、公平こうへい判断はんだんすること
公明正大こうめいせいだい 人々にかくしごとをせず、公平こうへいで、不正ふせいく、言動げんどうが正しく、堂々どうどうとしている様子ようす
呉越同舟ごえつどうしゅう きわめてなかの悪い者同士どうしが、同じ場所ばしょ居合いあわせること、あるいは、利害りがいが合うとわかれば、ときには協力きょうりょくし合う様子ようす
五里霧中ごりむちゅう 状況じょうきょうまった把握はあくできない状態じょうたいや、どのように行動こうどうしていかわからない状態じょうたい
言語道断ごんごどうだん 言葉ことばかたれないほどにひどいこと
臥薪嘗胆がしんしょうたん 苦労くろう苦労くろうかさね、えにえて目的もくてきたすこと
夏炉冬扇かろとうせん 季節きせつはずれでやくに立たないこと
感慨無量かんがいむりょう 心にふかくしみてはかれないような、言葉ことば表現ひょうげんできないしみじみした気持きもちがあふれる様子ようす
緩急自在かんきゅうじざい おそはやさや強弱きょうじゃくなどもおもうがままにコントロールできること
勧善懲悪かんぜんちょうあく いことをすすめ、あくらしめること
喜色満面きしょくまんめん うれしい気持きもちやよろこびを、顔いっぱいに表現ひょうげんすること
共存共栄きょうそんきょうえい いくつかのものがとも存在そんざいして、ともさかえること
興味津津きょうみしんしん 興味きょうみ次々つぎつぎにあふれ出るような気持きもちになる様子ようす
金科玉条きんかぎょくじょう 重要じゅうよう規則きそく法律ほうりつ、または、よりどころとなるルール
苦心惨憺くしんさんたん なげかわしいほどの苦労くろうかさねること
言行一致げんこういっち うことと行いが一致いっちしていること
捲土重来けんどじゅうらい 一度の失敗しっぱいがあっても、いきおいをかえしてやりなおすこと
厚顔無恥こうがんむち あつかましく、ずべき姿勢しせいまったかんじられない様子ようす
広大無辺こうだいむへん てしなく、広く、大きい様子ようす
孤軍奮闘こぐんふんとう 支援しえんのない孤立こりつした一人または少人数しょうにんずうが、力のかぎ努力どりょくしたりたたかうこと
古今東西ここんとうざい 今もむかし時代じだいによらず、また場所ばしょちがいにもよらず、いつでもどこでも不変ふへん事柄ことがら
虎視眈眈こしたんたん まったくすきのない計画性けいかくせい態度たいどによって好機こうきをうかがっている様子ようす
五臓六腑ごぞうろっぷ はらの中の様々さまざま臓器ぞうきや、体のすみずみにまでおよ範囲はんい
小春日和こはるびより 秋のなごやかな春のような日のこと
五風十雨ごふうじゅうう 五日に一度風がき、十日に一度雨がるというような、農作のうさくにとってよい天気、または、世の中が無事平穏ぶじへいおんである状態じょうたい
五分五分ごぶごぶ 二つの勢力せいりょくが、ちょうど同じくらいの力でがない状態じょうたい
孤立無援こりつむえん 孤立こりつして応援おうえんがない状態じょうたいたよれる人がいなくて一人だけの状態じょうたい
三寒四温さんかんしおん 秋から春にかけて、さむい日が三日、あたたかい日が四日というように、徐々じょじょにあたたかくなる様子ようす
自画自賛じがじさん 自分じぶんの事あるいは作品さくひんなどを、自分じぶんめたたえること
自給自足じきゅうじそく 自分じぶんべたり使用しようしたりするものは、すべて他人の手を借りずに自分じぶんで作ったり調達ちょうたつしたすること
四苦八苦しくはっく 何重なんじゅうもの苦労くろうかさなってとてもくるしんでいる様子ようす
試行錯誤しこうさくご 何度なんどためしたり改善かいぜんすることをかさねて、うまくいく方向ほうこう努力どりょくすること
自業自得じごうじとく 自分じぶん自身じしんで行った悪行あくぎょうによって、結果けっか的に自分じぶん自身じしん不利ふり状況じょうきょうかえってくること
七転八倒しちてんばっとう ころげまわり、きあがれないほど、もがきくるしむこと
四面楚歌しめんそか まわりをすべててきかこまれた状態じょうたいのこと
弱肉強食じゃくにくきょうしょく 弱いものは強いものにべられる自然しぜん摂理せつり、または、強ければつし、弱ければける勝負しょうぶ道理どうり
終始一貫しゅうしいっかん 始まりから終わりまで、ぶれなく徹底てっていすること
自由自在じゆうじざい 制限せいげん自分じぶんおもうとおりにできること、あるいは自分じぶんおもうままにコントロールできること
十人十色じゅうにんといろ 人のかんがえ方や趣味趣向しゅみしゅこうが、人それぞれ大きくあるいは微妙びみょうちがいがあること
取捨選択しゅしゃせんたく 数多かずおおくある物事ものごとの中から、不要ふような物をのぞ必要ひつようなものだけをえらびとること
順風満帆じゅんぷうまんぱん 自分じぶん意図いとした方向ほうこう自然しぜんながれができ、順調じゅんちょうにものごとが方向ほうこうはこ様子ようす
枝葉末節しようまっせつ 木の枝葉しようのようにどちらでもよい部分ぶぶんのこと
心機一転しんきいってん 気持きもちが方向ほうこうわること
針小棒大しんしょうぼうだい とるにらない小さな事を、あたかも重要じゅうようで大きな事のように、おおげさに話すこと
森羅万象しんらばんしょう 宇宙うちゅうや大自然しぜんの中に存在そんざいする、ありとあらゆるすべての現象げんしょう原理げんり原則げんそく
晴耕雨読せいこううどく れた日には畑をたがやし、雨の日には本を読むというような、自分じぶん意志いしで決めた生活せいかつスタイル
青天白日せいてんはくじつ 雲一つないわたった天気、または、心に後ろめたいことがなく、潔白けっぱくであること
絶体絶命ぜったいぜつめい ピンチにいやられ窮地きゅうちに立たされた困難こんなん状態じょうたい
千載一遇せんざいいちぐう 千年せんねんに一度しか遭遇そうぐうできないような、まれな好機こうきのこと
千差万別せんさばんべつ 人や物事ものごとおおくあったり,ちがいがとてもおおくある状態じょうたい
前代未聞ぜんだいみもん 過去かこに聞いたことがないような、めずらしい話
再三再四さいさんさいし 何度なんど何度なんどかえされること
才色兼備さいしょくけんび うつくしさと才能さいのう両方りょうほうをあわせもっている女性じょせいのこと
三拝九拝さんぱいきゅうはい 何度なんど何度なんどもお辞儀じぎをしてたのむこと
七転八起しちてんはっき 何度なんど失敗しっぱいしてもそのたびきあがり、あきらめないさま
質実剛健しつじつごうけん 内面ないめんについての本質的ほんしつてき部分ぶぶんが、強くさらに健全けんぜんであること
自問自答じもんじとう 自分じぶん自身じしんいかけ、自分じぶん自身じしんで答えを模索もさくすること
縦横無尽じゅうおうむじん おも平面上へいめんじょう既成きせいにとらわれずたてにも横にも、制限せいげん状態じょうたい
主客転倒しゅかくてんとう まるであるじきゃく立場たちばがさかさまになるような、物事ものごと秩序ちつじょを取りちがえること
盛者必衰しょうじゃひっすい かつて非常ひじょうさかえた者であっても、いずれはかならおとろえるということ
正真正銘しょうしんしょうめい 物事ものごと道理どうりなどが、本物ほんもの、または真実しんじつであること
支離滅裂しりめつれつ まったく、まとまりがなくとりとめのない様子ようす本質ほんしつがとらえられていない様子ようす
神出鬼没しんしゅつきぼつ 自由な行動こうどうで、いろいろなところに突然とつぜん出没しゅつぼつするので居場所いばしょがどこか分かりにくい様子ようす
深謀遠慮しんぼうえんりょ とおい先のことまで思慮深しりょぶかく、ぬかりのなく画策かくさくすること
誠心誠意せいしんせいい まごころのこもった誠実せいじつ態度たいど
正々堂々せいせいどうどう 行動こうどう言動げんどうつねに正しく、その結果けっか威厳いげんがともなっている状態じょうたい
切磋琢磨せっさたくま 学問がくもんわざなどをライバル同士どうしたがいにみが努力どりょくして向上こうじょうしていくこと
千客万来せんきゃくばんらい お店などにえ間なく、大勢おおぜいきゃくが来ること
前後不覚ぜんごふかく 物事ものごと前後ぜんごおぼえていられなくなるくらい、意識いしきがなくなること
前人未到ぜんじんみとう 以前いぜんだれ到達とうたつしていない場所ばしょ境地きょうち記録きろく
前途洋々ぜんとようよう 将来しょうらいに明るい未来みらいが開け、希望きぼうがあふれ広がる様子ようす
千変万化せんぺんばんか 多種多様たしゅたようわったり、けたりするような変化へんか
大器晩成たいきばんせい すぐれた才能さいのうそなわった人は年をとってから成功せいこうすること、または年をとることでみがかれうつわの大きい人間にんげんになること
大胆不敵だいたんふてき 度胸どきょうがあり、てきてきとも思わないような、何事なにごとにもおそれずどうじないさま
大同小異だいどうしょうい 小さなちがいがあったとしても、方向性ほうこうせいいたいことは大すじで同じということ
単刀直入たんとうちょくにゅう 回りくどい前置まえおきなく、ストレートに本題ほんだいにはいること
朝令暮改ちょうれいぼかい 朝に決めた事が夕暮ゆうぐれには、もうあらためられているというように、二転三転にてんさんてんしてなかなかさだまらないこと
適材適所てきざいてきしょ その人のもつ才能さいのう適性てきせいに、ぴったりあった仕事しごと役割やくわりにつかせること
電光石火でんこうせっか 稲光いなびかりや火ち石を使つかって出す火のように、瞬間的しゅんかんてきな動作がきわめてはやいこと
天変地異てんぺんちい 暴風ぼうふうかみなり地震じしん噴火ふんかなどのように、自然界しぜんかいこる災害さいがい普通ふつうのレベルではなく異常いじょうかんじられる環境異変かんきょういへんこと
東奔西走とうほんせいそう 目的もくてきがあって東から西、西から東にあちこち走りまわるほどのいそがしい様子ようす
独立独歩どくりつどっぽ 自分じぶんの足で立って自分じぶんの足で歩くように、自分じぶん一人の力で実行じっこうすること
大願成就たいがんじょうじゅ 大きなねがいがかなうこと
大器小用たいきしょうよう たいへんすぐれた才能さいのう能力のうりょくのある人に、ちょっとした簡単かんたん用事ようじをさせること、また、人材じんざいてきした仕事しごと地位ちいもちいないこと
大義名分たいぎめいぶん 重要じゅうよう行動こうどうこすさいだれもが正しいとおも道義どうぎ理由りゆう
大言壮語たいげんそうご 大きなことやえらそうな言葉ことばうように、自分じぶんの力に合わない大きなことをうこと
泰然自若たいぜんじじゃく ゆったりといていて、どんなことにもどうじない自然体しぜんたい
多事多難たじたなん おおくの事件じけん事故じこなどがあったり、おおくの難題なんだい困難こんなんがあること
多種多様たしゅたよう 種類しゅるいおお様式ようしきもさまざまな様子ようす
昼夜兼行ちゅうやけんこう 昼も夜もとおして休まずに仕事しごとなどをすること
朝三暮四ちょうさんぼし 目先めさき損得そんとくに気を取られ、そんとくもしないまったく同じ結果けっかであることに気づかないこと、また、うまい言葉ことばで人をだますこと
猪突猛進ちょとつもうしん いのしし猛然もうぜんき進むように、状況じょうきょうかんがえずに猛烈もうれついきおいで物事ものごとをすること
沈思黙考ちんしもっこう 沈黙ちんもくしてふかかんがえること
津津浦浦つつうらうら 国じゅうの町や村などありとあらゆるすべてのところ
徹頭徹尾てっとうてつび 最初さいしょから最後さいごまで、徹底てってい一貫いっかんしていること
手前勝手てまえがって 自分じぶんにとって都合つごうのよいいをきままにすること
天衣無縫てんいむほう かざり気のない自然しぜん姿すがたが、純粋じゅんすいうつくしさを表している様子ようす
天下無双てんかむそう この世の中に、二つとない、また、ならぶものがないほどのすぐれたもの
天真爛漫てんしんらんまん 純粋じゅんすいな心がそのままあらわれて無邪気むじゃき様子ようす
同工異曲どうこういきょく 作り方や手法しゅほうは同じでも、作られた物がことなること、反対はんたいに、外見がちがっていても中身がほぼ同じになること
同床異夢どうしょういむ 同じ場所ばしょにいながら、ちがかんがえやゆめつこと
得意満面とくいまんめん 自分じぶんおもうようになり、顔いっぱいに満足まんぞくそうな気持きもちがあふれること
独断専行どくだんせんこう 自分じぶん一人が判断はんだんし、自分じぶん一人がおもいのままに物事ものごとすすめること
二束三文にそくさんもん りょうがたくさんあっても、売ればとても安い値段ねだんになってしまうこと
日進月歩にっしんげっぽ 技術ぎじゅつや人などが日をうごとに進歩しんぽ成長せいちょうしていくこと
馬耳東風ばじとうふう 人の忠告ちゅうこくなどを気にもせずに、反省はんせいもせず、聞きなが様子ようす
八方美人はっぽうびじん だれからにでもよく思われようと、だれに対してもい顔をする人
波瀾万丈はらんばんじょう 人の人生じんせいなどで、状況じょうきょうしの起伏きふくはげしく変化へんかんだ様子ようす
半信半疑はんしんはんぎ すべてをしんじてしまうこともできず、かといってすべてうそとしてうたがうこともない状態じょうたい
百発百中ひゃっぱつひゃくちゅう 予定よていした内容ないようのすべてが、当たること
不言実行ふげんじっこう 言葉ことばげずに、実行じっこうしやりげること、また、だまってやるべきことをやること
不眠不休ふみんふきゅう 物事ものごと役割やくわりなどを、まったく休まず持続じぞくして実行じっこうすること
付和雷同ふわらいどう 自分じぶんにもつべきかんがえがなく、他人のはっする大きい声にかんがえもなく同調どうちょうすること
平身低頭へいしんていとう 身をたいらにし、頭をひくく下げて、あやまっている状態じょうたい
傍若無人ぼうじゃくぶじん かたわらに人などまったくいないかのような、好き勝手かっていをする様子ようす
内憂外患ないゆうがいかん 国内の心配しんぱいと、外国との間の心配しんぱいというように、国内外両方りょうほう心配しんぱい事がある状態じょうたい
難行苦行なんぎょうくぎょう むずかしいことや、くるしいことを行って、訓練くんれんして心身しんしんをみがくこと
南船北馬なんせんほくば 南にはふねに乗って行き、北には馬に乗って行くように、いそがしくたびをすること
二者択一にしゃたくいつ 二つの選択肢せんたくしの中から一つに決めること
破顔一笑はがんいっしょう 顔をほころばせて、にこやかにわらうこと
白砂青松はくしゃせいしょう 白い砂浜すなはまと青々としたまつの林のように、うつくしい海辺うみべ風景ふうけい
半死半生はんしはんじょう 生きているのとんでいることの間にある状態じょうたい、または、おも存分ぞんぶん自由にできる状態じょうたいでなくかといってまったく自由をうばわれている状態じょうたいでもない
百戦錬磨ひゃくせんれんま たくさんの場数ばかずをふむことで、おおくの経験けいけん知識ちしき修練しゅうれんんで強くなること
百花繚乱ひゃっかりょうらん おおくの花がみだれるように、すぐれた業績ぎょうせきや人物が同じ場所ばしょや、同時期どうじき多数たすう居合いあわせたがいにかがやきをはなつこと
表裏一体ひょうりいったい 一つの物事ものごとには表とうらがあるように、両方りょうほうともそのものであってはずせないこと
疲労困憊ひろうこんぱい つかて、こまてた様子ようす
品行方正ひんこうほうせい 誠実せいじつで正しいおこないができ、さらにひんがあること
風光明媚ふうこうめいび 自然しぜん景色けしききよらかでうつくしいこと
不即不離ふそくふり つかず、はなれずという微妙びみょう距離感きょりかんたもつこと
不老不死ふろうふし いず、死なないような、永遠えいえんいのち
粉骨砕身ふんこつさいしん くだき、ほねにするような努力どりょく
平穏無事へいおんぶじ おだやかでわったことがないような、いた状態じょうたい
変幻自在へんげんじざい えたり、あらわれたり、あるいは自由に容姿ようしを変えたりできるような状態じょうたい
暴飲暴食ぼういんぼうしょく ぎたりぎたり、限度げんどをこえて飲食いんしょくすること
抱腹絶倒ほうふくぜっとう はらかかえてたおれるほど、大笑おおわらいすること
本末転倒ほんまつてんとう 本当に大事なことと、どちらでもいい物事ものごと末端まったんのことを取りちがえること
無我夢中むがむちゅう われわすれて、必死ひっしに何かに様子ようす
優柔不断ゆうじゅうふだん 決断けつだんする力がなく、決断けつだんしなければならない時に、なかなか決められないこと
有名無実ゆうめいむじつ 名前だけ有名ゆうめいで中身はともなっていない状態じょうたい
油断大敵ゆだんたいてき 油断ゆだんして気をいていると、大きな間違まちがいにつながるということ
用意周到よういしゅうとう 準備じゅんび気持きもちがまわりに行きとどいている状態じょうたい
竜頭蛇尾りゅうとうだび はじめはりゅういきおいが、最後さいごにはへびのように、だんだんいきおいがなくなること、しりすぼみな状態じょうたい
臨機応変りんきおうへん その時その時に応じてその場に、ふさわしい行動こうどう変更へんこうをすること
老若男女ろうにゃくなんにょ 老いも若きも、男性だんせいも、女性じょせいもというように分けへだてなく
満場一致まんじょういっち その場にいる全員ぜんいん意見いけん一致いっちすること
満身創痍まんしんそうい 体中ひどくきずついて、手ひどくいためつけられた状態じょうたい
無為無策むいむさく 何の計画けいかくもなく画策かくさくもないさま、また、何のためにもならず何もしないでいること
無病息災むびょうそくさい 病気びょうきもなく、わざわいもなく、健康けんこう良好りょうこう状態じょうたい
無味乾燥むみかんそう 味覚みかく、話、作品さくひんなどについて、味気あじけがなくまたうるおいもなくつまらないこと
明鏡止水めいきょうしすい かがみのようにかがや水面すいめんのように、心がいてすみわたっている状態じょうたいのこと
明々白々めいめいはくはく うたが余地よちが、まったくないように、はっきりとしていること
名誉挽回めいよばんかい うしなった名誉めいよをもう一度取りもどすために、すぐれた評価ひょうか回復かいふくさせること
面目躍如めんぼくやくじょ 世間せけんすぐれた評価ひょうかをされるはたらきをして、生き生きとその人本来ほんらいの力を発揮はっきできている様子ようす
門外不出もんがいふしゅつ 貴重きちょうな物などを、人に見せたりしたりせずに大切にしまっておくこと
唯我独尊ゆいがどくそん ただ、自分じぶん一人だけがとうといというような、ひとりよがりにうぬぼれること
優勝劣敗ゆうしょうれっぱい すぐれたものがち、おとっているものが負けるような自然界しぜんかい道理どうり
勇猛果敢ゆうもうかかん いさましくおそれずに、おもい切って行動こうどうすること
悠々自適ゆうゆうじてき 自分じぶん以外のことにわずらわされず、自分じぶんおもうままに生活せいかつすること
羊頭狗肉ようとうくにく 羊の頭を看板かんばんに出し、犬の肉を売るように、外見だけく見せ中身はよくないこと
利害得失りがいとくしつ 利益りえきたり、損害そんがいがあったりすること
離合集散りごうしゅうさん はなれたり、合わさったり、あつまったり、ったりする様子ようす
立身出世りっしんしゅっせ 身を立て世に出るように、社会的しゃかいてき地位ちい名誉めいよを手に入れること
粒々辛苦りゅうりゅうしんく つらいおもいやくるしいおもいをかさねて、穀物こくもつつぶをつくるように、苦労くろうかさ努力どりょくをして成功せいこうにつなげること
理路整然りろせいぜん 物事ものごとや話が、だれの目にも筋道すじみちが通っていてととのっている様子ようす
和気藹々わきあいあい 複数ふくすうの人が、仲良なかよなごやかな気がちている様子

 

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.